IMGP6340

<DIY>小屋裏の暑さ対策!!小屋裏に『業務用換気扇パナソニックFY-20GSU3』を設置し強制的に熱気を外に排出


暑くてもうすぐ死にます...管理人ジャンゴです。我が家のリビングにはエアコンがありません。なので夏はそこそこ地獄なのですが、去年までは、凌げる感じだったんです。それというのも、天井があったから....なんですねぇ。解体してしまったので、今年は天井がありません。小屋裏から熱気が下りてきて、もう灼熱地獄です。ということでひとまずこの熱気を強制的に排出するべく『業務用換気扇』を設置していきたいと思います。では早速⇓

Sponsored Link

問題のリビング天井IMG_2612小屋裏部分がむき出しです。涼しく見えますが、断熱材が入っていないので、瓦が温まってくるともう地獄。瓦は保温するらしく、夜まで暑い...

そして昼間シーリングファンを冷気、下向きの風にするとIMG_2612熱風が...室温もどんどん上昇...

これだと今年の夏で死んでしまうので、何か対策をと考えていたところ

これを設置し強制的に小屋裏の熱気を外に排出してしまえばいいんじゃないか?なんて思ったわけです。

なので早速購入

まずは換気扇IMGP6286プラスチックではなく鉄。IMGP6290どっしり重量があります。IMGP6292羽も鉄。

このパナソニックの有圧換気扇では一番小さいものにしました。上から少しづつ大きくなってます。音がどのくらい出るか心配なので、とりあえず一番小さいものに

そして風圧式シャッターIMGP6305IMGP6306IMGP6308引っ張る線はなし。換気扇が回ると風圧で開け閉めするという物。これには

これというように換気扇の大きさによって違うので、購入の際はご注意を。本来はこれも必要後でも付けられるので今回は購入しませんでした。

 そして換気扇の線IMGP6294こんな状態なのでプラグが必要ですIMGP6295ホームセンターなら電材コーナーにあります。

早速結線しIMGP6299

 

あとはここのコンセントまでのIMGP6333延長コード10mIMGP6332

これで準備完了。

下地の作成。壁への穴あけ。

取り付ける場所はここIMGP6255ここら辺IMGP6255もちろん南側です。空気の流れとしては北から入れて、南側に出す感じです。

北から入れてIMGP5894南に出すIMGP6255

 

熱気は上にたまるので、小屋裏のなるべく高い位置に取り付けます。

下地作り

ワンバイ材で300ー300で枠を作りますIMGP6261IMGP6262IMGP6266完成。この枠の寸法は、機種によって違います。

説明書に載っていますが、付けられるか検討したい方はこちら

パナソニックメーカーサイト有圧換気扇

の左側、施工説明書の木枠寸法を参考に

穴あけ

IMGP6267サンダーで開けていきますIMGP6269はい終了。

枠が入るか試してみますIMGP6271IMGP6272問題なし。

この枠を固定するために適当な木材で補強していきますIMGP6275IMGP6280がっちりビスで止めてIMGP6277完成。

そして湿気などで気がダメにならないようにオイルステインで保護しますIMGP6316

 

換気扇の取り付け

まずはシャッターIMGP6322ビス止め。

換気扇を取り付けIMGP6329穴が大きいのでワッシャーを付けてビス止めIMGP6325そして配線を止めながらIMGP6331コンセントまで延長コードを引っ張りますIMGP6337早速回してみますIMGP6336......IMGP6340静か....高い位置にあるせいか静かです。近くで聞いてもそんな耳障りな音は出ていません。キッチンのプラスチック羽の換気扇の方が数倍うるさい。

最後に外壁の補修

セメントで隙間を埋めてIMGP6312上の蜂の巣はもういないので大丈夫です。記念に落ちるまでぶら下げてあるだけなので 😀

ビフォーIMGP6255アフターIMGP6340

 

 こんな感じで終了です。効果の方は....今日は涼しいので分かりませんが...きっとあるはず...

これよりはいいはず⇓IMGP6249

 

まさかこの方法よりはいいはずですね 😀 

 取り付けた今日は涼しいと言っても、日差しが弱いだけで、普段なら小屋裏から熱気が下りてくるはずなのに、下りてこない...

効いてますね小屋裏換気扇 😀 

あとは猛暑日にどのくらい効くか・・・

見守っていてくれた外猫の小鉄IMGP6281お疲れ様でした。睡眠の邪魔してすいません 😀

 

ではでは 😀 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>