IMGP5358

<玄関ドアの内側を仕上げ>「PUSH」プレートも古材を生かした仕上げに


まだ途中だった...神経質だがかなり適当なところもある管理人ジャンゴです。玄関ドア...まだ途中でした。なので仕上げていきたいと思います。では早速⇓

Sponsored Link

まずは現状⇓IMGP5358

プッシュプレートがやたらとでかいです。そして下の板も適当に余りの古材を張っただけです(コンパネの長さが足りないので目隠し)このドアを仕上げていきます。

まずは『プッシュプレート』

まず外して⇓IMGP5362線の部分でカット⇓IMGP5365程よい大きさにしました。

そして古材の風合いを出す為にヤスリがけをします。今回は電動ヤスリで大胆に削ります。IMGP5367そしてこんな感じに⇓IMGP5369いい雰囲気になったのでこの辺でストップ。

ドアをコンパネで仕上げます

足りない部分のコンパネを足して⇓IMGP5370艶なし黒で塗っちゃいます⇓IMGP5373乾いたら「プッシュプレート」を付けて⇓IMGP5378IMGP5381完成。中から確認⇓IMGP5383問題なし。靴箱とのバランスを見るのに全体のショット⇓IMGP5423一体感あり。問題なし。

ビフォーIMGP5358アフターIMGP5381IMGP5423

というわけで玄関ドアを仕上げてみました。「ここは後でいいか」といってから2ヶ月...毎日開けるのに忘れていました...プッシュプレートはもう一回り小さくてもいいような気がしますが・・・ひとまず終了。色は艶なし黒で正解ですね 😀 プッシュプレートも「古材だよ〜」という感じで程よく主張し正解。ではでは 😀 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>