IMGP3053

<外壁塗装DIY>リシン吹き付け外壁の仕上げ。色は『艶なし黒』


結局艶なし黒に...管理人ジャンゴです。前回、下地塗装が終わり今回は仕上げをしていきたいと思います。色は『艶なし黒』いつも使っている『コメリのペンキ』は余っているのですがこんペンキは『室内用』なんですねぇ...新しく買わないと駄目かな?では早速⇓

Sponsored Link

まず家にあるペンキを見てみますIMGP3016コメリで約2000円のペンキです。室内のドアだったり我が家では重宝しているペンキです。ただ『内部用』とはっきり書いてあるんです。ちと不安ですね...今回塗るのは外壁なので...

なので今回は新しくこちらを購入

IMGP3015アマゾンだと約2200円...近くのホームセンターで3000円しました....(失敗)

 今回買った上のペンキは屋外兼用です。室内用と何が違うのか、成分表を見てみます。

コメリの艶なしペンキIMGP3016IMGP3017

  • 合成樹脂(アクリル)
  • 顔料
  • 防カビ材

次はアサヒペンの艶なし黒IMGP3015IMGP3018

  • 合成樹脂(シリコンアクリル、フッ素)
  • 顔料
  • 紫外線劣化防止剤
  • 防カビ剤
  • サビドメ剤

ふむふむ 😯 そういう訳なんですね。紫外線劣化防止、防カビ、錆び止め剤...外に塗って問題なさそうです。本来はこのサイズが

よかったのですが、このシリーズのつやなし黒は無かったんです。なのでこのサイズを2個購入しました足りるかな...

塗装開始

まずは現状からIMGP3019下塗り剤(フィラー)を塗った部分を真っ黒にしていきます。こちらの壁からスタートIMGP3021細かい部分を筆で塗って、残りはローラーで塗装IMGP3024IMGP3025フィラーを塗ったので段差がさほどなくなり快適に塗れますIMGP3030IMGP3032次はこちらIMGP3035どんどん塗りIMGP3036IMGP3038終了IMGP3050残るはここIMGP3041ここは寝ながらの作業になります 😥 IMGP3053あっさり終了です。ここで1缶ペンキがなくなったのでこちらはIMGP3004また今度にする事に。

乾いてきたので全体を見てみますIMGP3053IMGP3060いいですね :-D艶なし黒で正解みたいです 😀

いつもの

ビフォーIMGP3019アフターIMGP3053

 

以前の壁はIMGP2971こんな感じでした。これがIMGP3050こんな感じに。塗って良かった... 😀

これで終了です....リビング側はまた今度にしようと思います。正面の部分の塗料は1.6ℓ一缶で足りました。多分リビング側も一缶で足りるので今回の出費は

アンダーフィラー

約3000円

2缶なので約6000円(アマゾンならもっと安かった...)

そして刷毛など

約1000円

なんだかんだで10000円ほど...

結構どんな壁も自分で塗れますよ 😀 そしてこんな低予算で済んでしまいます。

ただ自分では自信がない...

時間がない...

暇がない!!

なんて方に


見積もりだけでも...

検討してみてはどうでしょうか(^ ^) 😀 

ではでは ( ´ ▽ ` )ノ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>