IMGP7142

<お気に入り>壁付けかな...n&b社1900~1930s ヴィンテージグースネックデスクランプ


謎が解けた...管理人ジャンゴです。今回紹介するのはn&b社グースネックランプです。かなり古いことは確かなのですが、正直正確な年式がわかりません。では早速

Sponsored Link

置いてある場所はここIMGP6002古材の鏡の下、古材天板の上にIMGP5801電球ガードは後から付けました。外すとこんな感じIMGP5767このランプもやられ具合がなかなかなんです。詳細を見ていきますよIMGP7164ベースIMGP7146穴が開けられているんです...IMGP7147この穴なんで開けたんだろ...疑問だったのですが、謎が解けましたよ。グースネックがこの角度で曲がっている理由にもなりますIMGP7164癖がついてるんです。ということは長年壁にビス止めされてついていたということなんです。なので穴を開けたんですね...結構雑ですが...

ベースの続きですIMGP7157IMGP7159IMGP7158このベースがやたら重い。

スイッチ周辺IMGP7160IMGP7149IMGP7151薄くなっていますがmiller lamp???

ミラーランプ 社ってあったような..いやあるはず。なのかな?口金部分はそうかな...

これに似ているランプはまたまたクラッシュゲート

 

Unknown

 

フライミーで買えます。

ベースはイーグルランプとほとんど同じです。これもかっこいいですね。

ヴィンテージものだとこの手のシェードなしの物は比較的安く出ているんです。オークションなどで。なので安く手に入れたい方はebayなどで探してみると、いいかもですね。

 

 こんな感じでn&b社?ミラーランプ社?のランプの紹介でした。穴の謎が解けたので、次回はここかな?IMGP6022正面のテレビ/オーデイオスペースに設置したいと思います。その前に配線の引き直しかな...

ではでは 😀 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>