imgp7977

古材で『サイドテーブル/スクエアテーブル』を2つ作成


ソファー脇にシンメトリーに配置するために...管理人ジャンゴです。ついこの間、古材でテーブルを作ったばかりなのですが...何も考えず、適当に作ったもので...高さもバラバラ、形もバラバラなんです。というのもいいわけでして、最近ソファー脇にヴィンテージランプを追加し、また部屋の状況が変わったんです。なのでサイドテーブルを2つ作り、シンメトリーに配置し、ヴィンテージランプを設置していきたいと思います。では早速⇓

Sponsored Link

まずは現状imgp7804こんな感じになっています。これはこれでいいんですが...やはりシンメトリーになっていた方が、気持ちいいんです。ランプも映えますし。

ajuscoは丸椅子にimgp7937ocは古材のテーブルにimgp7939いいんですが、シンメトリーにどうしてもしたくなったんです。なので作っていきますよ^ – ^

材料は杉古材/パイン材

まずは脚はimgp7912この小汚い古材を使っていきます。

長さを揃えて、今回は斜めにimgp7928少し太いのもありますが、スマートに見えるようにしていきますimgp7925もちろんここも斜めにimgp7923ひとまず中に入れてimgp7944脚と脚の間に✖️補強するので適当な古材も2本ずつ追加。

次は天板imgp7931どうも古材でいい感じのがないみたいなので...と言ってもこのパイン集成材も使っては解体、塗っては塗装落とし...しているうちにいい感じに古材感が出てきたので、これを使いますimgp7947400角くらいにしました。

組み立て/加工

まずは✖️を作りますimgp7952

のこぎりで線を入れて、ノミでトントンimgp7955そしてこうなりますimgp7954そしてこの補強を入れる穴を作ります...夢中になっていつもの写真の撮り忘れです。imgp7961こうなる感じです。imgp7956たっぷりボンドを入れて反対側にはビス穴を作りimgp7970ビスで止めながら組み立てていきますimgp7957天板を載せるとこんな感じになります。

どんどん組み立ててimgp7980天板も上からビスで止めちゃいますimgp7968そしてビス穴にダボ

imgp7975脚の部分にもimgp7976ダボ

そしてしばらく放置imgp7985まだニスを塗っていないですが、雰囲気ありますね^ – ^

乾燥したらのこぎりでダボを切りimgp7993-1imgp7994サンダーで平らに

imgp7996アンティークワックスで色合わせをして

 

設置していきます

一つ目imgp8013imgp8016二つ目imgp8014imgp8017離れてimgp8020imgp8026imgp8030要するに見た目がシンメトリーでライトの高さがいい感じになるようにした訳ですimgp8028そうするとランプだらけでもすっきりした印象になると思い、同じ高さのテーブルを作ってみました。

いつもの

ビフォーimgp7804アフターimgp8020

 

こんな感じで終了です。古材のサイドテーブルはひとまず放置。

そして今回のサイドテーブル『天板ちっちゃくねぇかぁ』なんて思う方々もいると思います。私も少しバランス悪いなぁ...とか思っていたんです。

 これは作っている最中に、パイン材天板がいまいち...なんて思ってしまって...少し小さめにし、後で古材をimgp8006のせようと考えたわけです。

今回やらなかった訳は...納屋の中が汚くて、探せばもっといい古材が出てきそうなんです。なので今回は保留ということで。

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>