IMGP8072

古い裁縫箱を「カトラリーボックス」にしたのはいいが...まだ裁縫箱っぽい...


裁縫箱の域を出ていない...管理人ジャンゴです。以前の記事<裁縫箱に取っ手を付けてカトラリーボックスに>で少しカスタムしたのですが...なんかいまいちなんです。その理由を探りながら生まれ変わらせていきたいと思います。では早速⇓

Sponsored Link

今の状態は⇓IMGP8034こんな感じです。IMGP8035あれ...写真で見ると悪くはないですねぇ ...取っ手の金具がよくないかな?なんて思うのでひとまず取ってみます⇓IMGP8036そしてネームプレートの金具を⇓IMGP8037IMGP8038なんか違う....色かな?

 ヤスリでゴシゴシ⇓IMGP8039ひとまず金具を付けて⇓IMGP8040いいんじゃないですかぁ :-Dこの感じがいいですねぇ 😀

電動ヤスリで全て色を落とすことに

傷、いい感じの汚れは残すようにヤスリをかけました⇓IMGP8044IMGP8045よく雑巾かけをして位置を出して、ネームプレートを付けます⇓IMGP8048IMGP8049このネームプレートは100円ショップセリアで購入しました。IMGP8052 IMGP8050 IMGP8053 IMGP8051なかなかです。

ナイフ/フォーク/スプーンを入れていきます

まずは下の段⇓IMGP8056上の段にも入れて⇓IMGP8054

 

置く場所は何処かな?

まずはキッチンの上に⇓IMGP8057ここじゃ邪魔です。作業台の上に⇓IMGP8062ん〜...裏の箱を移動して脇に⇓IMGP8067ピッタリなのでひとまずここに置くことにしました。

遠くから見てみます⇓IMGP8069近くから⇓IMGP8072IMGP8073終了。

いつもの

ビフォーIMGP8034アフターIMGP8049

 というわけでカトラリーボックスをカスタムしてみました。雰囲気でいうと和風アンティーク風〜洋風アンティーク風になった感じですねぇ 😀 

 パッと見リメイク前の物はおどろおどろしい感じで、リメイク後の物はスッキリした感じに写真では見えますが...実はリメイク後の方が経年劣化による傷などが目立ち、汚らしくアンティーク感が出ています。後は使ってるうちに色がどうなるか...仕上げのオイルなどは塗ってないので、楽しみです。

 ではでは 😀