imgp8618

キッチンの『古材天板作業台』に『古いアングル』を追加


インダストリアルな雰囲気に・・・管理人ジャンゴです。先日キッチンの作業台を減らしたり、色を塗ったりしたんですが、目隠しをしたアングルは適当につけただけなんですね。なので怪我をしないように角を取ったり、無駄に補強したり(^ ^)古いサビサビのアングルを取り付けていきたいと思います。では早速⇓

Sponsored Link

現状はimg_5239こんな感じになっています。細かいところを見てみるとimgp8560よく見えますがimgp8562隙間があります。

そして反対側imgp8570こちら側はまだつけてもいません。

そしてここimgp8565食器棚の脇。ここもアングルがあってもいいようです。

なのでアングルを付ける場所はimg_5239これを左右につけていきたいと思います。

まずは

アングルを加工します

まだ古いアングルがあるので

天板のサイドはimgp8571こんなのを作りimgp8574

ビス穴も開けてimgp8575下の部分はimgp8577こんな感じに。裏はimgp8579いいですね(^ ^)

これでビス止めしていきますimgp8618imgp8593imgp8578imgp8606imgp8608imgp8599これは少し磨きすぎました...結構目立ちますね...imgp8618終了

いつもの

ビフォーimgp8530アフターimgp8622

 

こんな感じで終了です。分かりづらいですね...あとは磨きすぎた場所の『サビ待ち』という感じでしょうか(^ ^)

この作業台、本物の雰囲気?風格が出てきましたねぇ。色もオリーブドラブ風にして正解みたいです。

ひとまずキッチンは終了。

次はロフトかな...

ではでは( ´ ▽ ` )ノ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>